【いぼ治療を成功させる秘訣】クリニック選びが何よりも重要

  1. ホーム
  2. 医療機関の施術なら安心

医療機関の施術なら安心

女性

多種多様にある方法

いぼには様々な種類があります。そのため治療方法も多種多様です。最もオーソドックスな方法としては、レーザー療法です。この方法では、いぼを根こそぎレーザーでくりぬきます。なんとなく痛そうに聞こえますが、施術の際には局所麻酔が施され痛みもほとんど感じないから大丈夫です。出血も少なく、目だった傷跡も残りません。根こそぎ除去するから、いぼの再発がほとんどない治療方法です。炭酸ガスレーザーを使えば、どのような形のものも切除することできます。また、深さも自由に設定することが可能です。炭酸ガスレーザーで顔などのいぼを切除する場合は、当日の洗顔ができないので施術前にきれいにしておきましょう。削った箇所が擦り傷のようになるため、施術翌日からは患部を清潔に保ちクリニックから処方された軟膏などで患部をケアする必要があります。ケアする期間は、1週間程度です。その後は傷跡もほとんどわからなくなり、きれいな状態に戻ります。レーザー治療以外の方法には、液体窒素による除去がよく知られています。この治療は、マイナス196℃といわれる液体窒素を使い人為的に低温やけどを起こし、いぼを除去する方法です。ウイルス性のいぼなどによく使われます。この治療方法では、ウイルスが傷口から感染しないよう気をつけることが大切です。また、ウイルスが皮膚の奥底まで根を張っていることもあるので、繰り返しの施術が必要になります。そのため治療期間が1年程度かかってしまいます。手術は苦手という方には、投薬治療がおすすめです。ヨクイニンなどの成分を含んだ内服薬なら、効果が期待できます。ただし、内服薬は効果があらわれるのに時間がかかるのが難点です。痛みや傷跡の治療などの心配はいりませんが、即効性がないので辛抱強く続けることが必要です。いぼの種類によっては、効果が出にくい場合もあるため医師と相談しながら治療をするようにしましょう。このように様々な方法を使って、いぼの治療をおこなうことができます。まずは、いぼの種類を確かめたうえで最も効果的な方法を選ぶことが大切です。医師などの専門家と相談しながら、早めに対応することをおすすめします。