【いぼ治療を成功させる秘訣】クリニック選びが何よりも重要

  1. ホーム
  2. 即効性を望むなら美容外科

即効性を望むなら美容外科

背中

受けられる施術方法

体のあちこちにできるいぼは目立たなければ良いですが、目立つ箇所にあったら気になってしまうことでしょう。特に顔や首など人から見えやすい箇所にあるいぼは、できれば取り除きたいと考える方も少なくありません。いぼを除去する方法としては、市販の薬を用いるという方法や民間治療など様々なものがあります。そんな中で一刻も早く取り除きたいとお考えの場合は、美容外科を利用すると良いでしょう。美容外科で行なわれるいぼの除去は、大きく分けて3つの治療方法があります。まず1つめの方法は、レーザーを用いた治療方法です。レーザーの種類も様々ですが、個人の状態に合わせて適切な強さのレーザーを担当医が選択することになります。レーザーを照射することで、皮膚にあるいぼのみをくり抜いて除去するということが可能となります。根元からくり抜ければ再発もしづらく、痛みも少ないことから評判の良い治療方法となっています。治療に要する期間はおよそ半年程度とされており、ある程度通院する必要のある治療方法です。次に2つめの方法ですが、これは液体窒素を用いた治療となります。その内容としては、液体窒素の特性を生かした低温やけどを用いるというものです。施術に用いる棒の先端を液体窒素で凍らせることでやけどを起こすほどの超低温を実現し、それを使っていぼを切り取るという方法なのです。この治療で大切なことはアフターケアとなります。傷口から菌が感染しないようにケアすることが大切となります。こうした点はカウンセリングでしっかり確認しましょう。また、レーザーと違い根元から除去するという方法ではないため、治療期間はレーザー治療よりも長めになることが多くなっています。その分、この治療は保険適用の対象となることがあるため、費用がより抑えられるという点が魅力です。そして3つめの方法は、内服薬の使用による治療となります。クリニックでは、いぼを除去するための内服薬を用意していることが一般的です。定期的にそれを処方することで免疫力が次第に上がり、いぼの治療に繋げるというものです。この方法は、他の2つに比べて痛みを伴わないという利点があります。ゆっくりと治療することに抵抗のない方は、この方法を使ってみても良いかも知れません。